府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

カテゴリ: VW

業者様よりご依頼のVW ゴルフ トゥーラン(2006y/1T)の点検。

2Lエンジン搭載の初期モデルはタイミングベルト方式のエンジン。

整備ポイントを押さえておけば長くパワフルな走りが楽しめます。

イメージ 1

他店にて車検取得後、「気になることがある」と業者さまよりご相談いただき、

確認作業の為ご入庫いただきました。

走行機会の少ないこのお車のチェックポイントは、
・冷却水が微量だが減る(警告灯が点灯するほどではない)
・どこにも漏れ跡が無い(上下目視にて)
・走行距離に応じて少量減っている(乗らなければ減らない)

さっそく点検です。

この年代のフォルクスワーゲン「水漏れあるある」は、

樹脂製のサーモハウジング、ウォーターフランジ等ですが、

しっかり痕跡を残すので、今回はそれ以外の模様。

加圧テストではしっかり漏れ跡が確認出来ないので、

疑わしい個所を裸にしていきます。

イメージ 2


ウォーターポンプはタイミングベルトカバーに覆われ、

タイミングベルトカバーはエンジンマウントに覆われている為、

マウントを外す為、エンジンを吊上げて作業をします。


クランクプーリーのカバー裏には冷却水の漏れ跡がうっすら。

イメージ 3


ウォーターポンプより冷却水漏れと軸のガタが確認出来ました。

綺麗に洗浄し、ウォーターポンプを交換します。

せっかくここまで外したので、予防整備にはなりますが、

タイミングベルト&テンショナーも同時に交換にて工賃がお得です。

イメージ 4


各部調整しながら固定し、

エンジンマウントを基本位置へ調整し組み付けて元へ戻します。

冷却水を交換し、再度リークテスト。

冷/温感時共に他の部位に漏れが無い事が確認出来たので完成です。


初見のお車ですと、どれだけの期間でどれだけの量が減っているのか、

また、オーナー様の使用状況と整備状況の把握が重要となります。

クイック車検などの点検で、外への漏れ跡が確認出来ない場合は、

「良し」と判断せざるを得ない見えにくい微量な症状。

今回のご依頼も点検後、冷却水が減る事に気付き、

カバーを外して内部の点検が出来た為、

オーバーヒート等になる前に処置が出来ました。

外から簡単に確認出来る部位ではない消耗品は、

一定の距離と年数が経過したら点検または交換が安心です。


by masa

~まだ雪山行くでしょ!輸入車スタッドレスレンタルやってます~

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@


やべぇ、気づけば今月はじめてのブログだ!!!

もう少し頻度をあげられるよう時間を作ります・・・orz



さて、こちらは VW ゴルフⅤ GTIになります。

エンジン警告灯点灯・・・
イメージ 1

特にエンジン不調はないとの事でしたが、エンジンルームを見ると
イメージ 2
何やら、アイドリング時小さく「しゅ~~~」と聞こえます。

診断機にかけてみると・・・
イメージ 3
英語はよくわからんが要は
①混合気がリーン
②EVAPエミッションコントロールシステム異常

あとは経験と勘で故障個所を探しましょー。

EVAPは以前にもブログ掲載しましたが、これ!!
イメージ 4
詳しくはこちらで説明しております。

エンジンの「しゅ~~~」もVWではあるある的な
イメージ 5
プレッシャーコントロールバルブ!!

プラスティックのふたを外すとなぜ「しゅ~~~」がでるかわかります。
イメージ 6
ダイヤフラムのゴムが切れ。

他にも、バキュームポンプのパイプをよ~~く見ると
イメージ 7
裏側が・・・
イメージ 8
イメージ 9
パックリ!!
イメージ 10
お客様に画像にて説明し、すべて交換し完治!!




最後に小言を・・・

最近、車検を当日でとって返してくれだの、

待ってる間にやってくれだのいう問い合わせがあります・・・


申し訳ありませんが当社では、

デイリー車検や60分車検のような、ただ車検を通す為の車検は行いません!!

次回の車検まで持たない箇所は必ず出てきます。

車種ごとのウィークポイントのチェックや、

お車が安全でかつ長く乗れるようアドバイスと整備を行うことが、

当社のモットーです。少数精鋭の工場ですので内容よりスピード重視の方は、

残念ですが他店様をお選びください。



今回の事例はこの年代のVW、アウディに多いです。

エンジンルーム内のゴムやプラスチックは熱の温度差が激しく、

劣化の進行が早い傾向があります。

大事に至る前の定期的なメンテナンスが大事!!なんです。



by Ken

~輸入車スタッドレスレンタルはじめました~

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/link/?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

2016年もあと2週間ばかり・・・

当社では仕事の合間をを使い、年賀状や来年のカレンダーやらご挨拶周りやら

何かとバタバタです。少人数の会社なので仕方がありません。

しかし、じっとしていると寒いので動いたほうが過ごしやすいこの季節!!

なのであと2週間、もっとバタバタしたいのでまだまだご依頼歓迎です。




さて、今回は業者様からのご依頼VWシャラン!!
イメージ 1
バルブ切れ警告灯点灯です。
イメージ 2
しかし、バルブは全部点灯しているとのこと。

近年の車はライトに異常があるとメーターで知らせてくれるものがほとんどですが、

車種によっては親切にどこのライトがおかしいと指摘してくれるものもあります。

VWはこの警告灯が点灯するだけです・・・まー大衆車ですから・・・。



たしかにスモール、ロー、ハイ、フォグ、ブレーキ、バック全て点灯を確認。

テスターに繋いでチェックすると盲点がありました。
イメージ 3
「左コーナリングライト!!!」

チェックしてみて思わず「なるほどね~」と納得!!

ライトAUTOにして、ウィンカーつけて、ステアリングきって、

早速コーナリングライト作動!
イメージ 4
右→OK
イメージ 5
左→NG・・・

よっ、さすがっ。テスター様の言うとおり!!
イメージ 6
終わってみれば単なるバルブ切れで終了。

こんなの瞬殺で見つけなければならないのに・・・

まだまだ、勉強が足りないと思った今日この頃です。


by Ken



~輸入車スタッドレスレンタルはじめました~

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

雨が多い今年、雨漏れ修理が確実に多いです。

またまた、雨漏れによる修理事例ですが、わかりづらかった修理事例、

お付き合いください・・・


VWゴルフⅤ GTI
イメージ 1
普通の雨では濡れてないが、豪雨の後だけ少し床が濡れているとの事。

運転席が濡れるとの事なので、念入りにシャワーテスト・・・
イメージ 2
1時間程放置プレーでカーペットの下がすこーし濡れている程度・・・

覚悟を決めカーペット半はがし!
イメージ 3
再びシャワーテストすると確実に水は入ってきているのに

漏れ箇所がわかりづらい・・・

イメージ 4
黄色矢印から若干じわ~っと水が染み出てくるくらい。

ボディのプレスが溶接されている所から水が出てきているが、中が見えない・・

ドア周り等は問題なし!

と、散々調べ上げた結果、漏れていた箇所はここ!!
イメージ 5
フロントガラスのシール劣化により隙間ができ水混入した様子。

イメージ 6
どのような経路で床まで到達するかを調べる為に色つき水で確認!!
イメージ 7
イメージ 8
いたいたっ!!

ここからの水は直接床には垂れず、戸袋になっているプレスのところに一定以上たま

ると垂れちゃうという事例です。

ガラス屋さんにビッチリ、シーリングしていただき完治いたしました。

終わってみれば、ガラスシールの劣化とよくある事例ですが、

水の出所がわかりづらく勉強になりました。

てれれれ、てってって~ん♪レベルUP♪




by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


「暑いっ!!」

もう言葉にも発したくないもないですが、つい出てしまいます。

今日は最高気温36.7度を観測し、今年一番の暑さということで、工場では扇風機の取

り合いです。



さて、今日はVWパサートヴァリアント(B6)クーラントレベル点灯の修理が終わ

りましたのでアップします。
イメージ 3
イメージ 4
預かったときには消えていましたが、エンジンを冷ますと点灯します。

クーラント漏れのチェックのためにリフトアップすると・・・
イメージ 5
やはりエンジン~A/Tの間に漏れの痕跡あり!!

圧力をかけ、漏れ跡の上を追っかけると・・・
イメージ 6
はい、発見!!!

ウォーターポンプより漏れ確定なのですが交換するのがちょいとやっかいな所につい

ています。インマニの下についているのでインマニを外せば楽なのですが、交換部品

を増やさない為に外さないで上から下から交換しました。
イメージ 7
この当時のVW、アウディの共通の構造ですが、ウォーターポンプがエンジンの後ろ

側(ミッション側)にもう1本別のベルトにて駆動しています。
イメージ 8



ちなみにこちらの小さいベルトを交換の際は・・・



イメージ 9
このボルトを外すのですが・・・逆ねじです。

知らないと・・・折ります・・・大惨事になるでしょう・・・要注意!!
イメージ 10
外したウォーターポンプ!!!(赤丸、矢印は漏れ跡)

イメージ 11
新旧パーツ(対策品に変更しています。)


イメージ 12
ベルトも新品にして、エア抜き後漏れチェックOK。




今年の夏はかなりの猛暑と予想されています。
イメージ 1
これは、中国の画像ですがあまりの暑さにトランクで調理したそうです。

トランクほこりかぶっているようにも見えますが・・・食べたのでしょうか・・
イメージ 2

こんな光景日本でも見かけるかも・・・信じるか信じないかはあなた次第です(笑)


by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

このページのトップヘ