府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

カテゴリ: ポルシェ

本日は、お客様の紹介により、当社にレッカー入庫したポルシェ964整備のご紹介

します。

いまだに根強いファンが多い空冷ポルシェ964!!
イメージ 1
イメージ 5
当社に最初に入った連絡ではエンジン始動時、爆発音とともにエンジンより煙!!

その後エンジン不始動とのこと。

エンジンルームを覗き、チェックすると964ならでは・・・の故障と判明!
イメージ 2
インマニが外れてる・・・

原因はこれ!!
イメージ 3
ツインデスビベルト切れ!!!

説明しよう」
ポルシェ964、3600CCエンジンは水平対向6気筒エンジンですが、スパークプラグは12本。つまりツインスパークプラグを採用しており、この当時のイグニッションシステムはディストリビューター分配方式。エンジン出力の取り出しは1つでディストリビューター2つをベルトでつなぎ同調させてたのである。

おそらく、エンジン始動時の爆発音とはベルト切れの為、とんちんかんな所で着火し

バックファイヤが起こりインマニが外れたと予測されます。

初見のお車なので細部をチェックしながら脱着!!

イメージ 4
ディスビベルト切れの場合、ディーラーだとASSY交換になりますが、ベルトの単体

交換の方がリーズナブルですのでばらします・・・
イメージ 6
他にもディスビキャップ、ローター
イメージ 8
接点磨耗・・・
イメージ 7
インマニフランジ・・・亀裂・・・
イメージ 9
プラグコード。
イメージ 10
スパークプラグ・・・とお客様と相談し交換をいたしました。

ささっと書いておりますが、交換するのはかなりの時間を要しています。

作業後はもちろん一発始動OK!!





疲れたけど楽しいひと時でございました。



by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11




いつの間にか関東も梅雨入りしたそうですが、本日は朝から快晴で汗だくの府中で

す。

さて、車検でお預かりしていたポルシェ 987ボクスターでございますが・・・
イメージ 1
お客様は快調、絶好調と申しておりましたがお預かりの時にすでにエンジンの方より

冷却水特有のあまーい香りが・・・

下回りをチェックするとやはり痕跡がありました。
イメージ 2

ウォーターポンプより漏れ跡あり!!

今までに警告灯やオーバーヒートは無いとのことで・・・早期発見でよかったです。

これでは今年の猛暑は越えられないので整備させていただきました。

987ボクスターは駆動方式MRと特殊なのでエンジン周りのアクセスするまでが他車

より手間が増えます。
イメージ 3
暖まったエンジンの作業はご勘弁を・・・
イメージ 4
とこんな感じで取り外し・・・
イメージ 5
ウォーターポンプ、サーモスタット交換終了です。

このエンジン、交換作業より時間が掛かるのがエア抜き作業なんです。

ラジエターが前にあり、エンジンが後方にあるということは、エンジン部分で冷却水

を抜くと前から後ろまでエアだらけ・・・

イメージ 6

リアトランクより冷却水補充し、エンジンルームのエア抜きフラップ(赤→の)を駆

使して2日がかりでようやくエアが抜けました!!

他にも写真は撮り忘れましたが消耗品を作業させていただき、無事に車検取得で出庫

しましたーー。

お客様にも早期発見をよろこんで頂けました。




by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

2009年に登場した4枚ドアのポルシェ。

ラグジュアリーかつスポーティなハイパフォーマンスカー。

イメージ 1


単なるサルーンじゃないあの乗り心地を4人同時に体感出来るって、

昔のポルシェじゃありえませんでしたね。

ようやく4枚ドアのポルシェも見慣れてきました。



パナメーラ 4S 車検整備。

イメージ 2

400psの4.8Lはエンジンオイル容量が約9L。

メーカー推奨エンジンオイルは「モービル1」です。

ボンネットを一度開閉するとオイル容量確認は、

一定の距離を走行しないとメーター上で確認出来ない為、

専用テスターにて確認が必要です。



エンジンのエアーエレメントはバンパー内部にあり、

イメージ 3

定期的に交換をしてあげる必要があります。

故障コード診断、消耗品の整備を施し完成です。





by masa



↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/
イメージ 2
↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 3
輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
  
http://www.kurumaya-zero.com/
       TEL042-361-0606

イメージ 8


イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

夜中に大声出してゴメンナサイ。
 
先日のサッカーアジアカップ準決勝戦といい、
 
昨日の決勝戦・・・白熱した試合でした。
 
すっかり寝不足でございます・・・が、感動しました。
 
日本優勝おめでとうございます、そして感動をありがとう!
 
 
 

ポルシェのセダン、4ドア/4シーターモデル、 パナメーラ
 
イメージ 1
                V8-4.8Lターボ、500ps 4WD 2011年モデル ディーラー車
 
 
 
ポルシェなのにセダン!思わず『お~っ』と大声が出てしまうほど豪華です。
 
ポルシェなのに長い!約5m、後部席はベンツSクラス程あるでしょうか、ゆったりです。
 
豪華なコックピットは車の席を超越した様な装備の数々で、
 
ご納車前の機能確認作業は、とても緊張してしまいます。
 
イメージ 2
 
 
何と言ってもカイエンとは違うセダンでの後部席は魅力です。
 
前席と同じ様な大きめのバケット形状のスポーツシートが2つ設けてあります。
 
恐ろしい程の加速、走行性能であろうこのマシンの後部席なので、
 
これくらいサポートの付いたシートが必然です。
 
 
イメージ 3
 
荷室も広く、実用性の高い高級スポーツカー!
 
『パナメーラ ターボが体現する無二の価値。それはいかなるスポーツカーにもラグジュアリーサルーンにもなかった至高のドライビング体験です』
 
だそうで、納得のお車です。
 
 
 
ノーマルでも十分のスタイルですが、これからさらにカスタマイズしご納車いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ホームページルニューアルしました!車屋ゼロのホームページはこちら→ http://www.kurumaya-zero.com

今日の府中は朝から雨がしとしと降っております。


昨日は暑さ全開でしたが、今日はエアコン要らずの涼しい気温。


雨のせいか、道も空いており、


なんだか静かな日曜日。






ポルシェ911カレラ4(964)の整備。


イメージ 1



オーナー様の愛情がたっぷり注がれた、


20年の時を感じさせない絶品なコンディション。


社外マフラーから奏でるエンジンサウンドは、これぞポルシェ!


と言わんばかりの、ダイナミックな空冷ならではの音。



今回はマフラーの交換。


イメージ 2



ダイナミックな音からちょっとだけ静かな音への変更です。


前に持って来て頂いたマフラーの音も良かったのですが、


今回のマフラーはなかなかジェントルマンな響きで、心地よいサウンド。


高速走行での音はどんなものか、楽しみです。

このページのトップヘ