府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

カテゴリ: 整備

VWゴルフ5!!
イメージ 1

距離年数も多くなってきているゴルフⅤ!!

もう現行はⅦですから・・・

やはり、どこかでまとめて整備が必要な年代と思われます・・・。

・エンジン警告灯
・A/T変速ショック
・バックカメラ取付

以前より気になっている項目を後回しにしており、今回をまとめて整備依頼です。

まずエンジン警告灯!!
イメージ 2
特別エンジン不調などはありませんが、ついたり消えたりとの事!
イメージ 3
故障コードを読み取ると

「EVAP emission ・%’$#”&#・・・」

この年代のVWに多い症状・・・

キャニスターラインのパージバルブ不良です。
イメージ 5
新(左)旧(右)部品

このパージバルブはキャニスターにたまった未燃焼ガスをエンジンに取り込

む電磁バルブなのですが、この車両のものは常に開いておりました。

これを新品に交換すれば、しばらくは警告灯は点灯しませんが完治ではありません。
イメージ 4
なぜなら黄色丸がキャニスターなのですが

中をのぞくと・・・
イメージ 6

活性炭のふたをしているスポンジが劣化でぼろぼろになり、

活性炭がエンジン負圧により青→の順路でパージバルブを詰まらせていたようです。

なのでキャニスター、キャニスターラインも一緒に交換で完治です。


次はAT変速ショック!!

よく耳にするアイシン製ATです・・・
イメージ 7
症状確認したところ、警告灯とかはなく30分くらい走行すると後ろから

追突されたようなショック&シフトアップ時滑り&入らないなど・・・

よく今まで我慢できたなと思うくらい・・・な感じです。

この当時のVW、アウディの何車種か経験があります・・・

バルブボディ対策済みを取り寄せ交換しました。
イメージ 8
もちろん、オイルパンガスケット、ストレーナー、も同時交換になります。

ATFはテスターにて油温を確認し、規定量注入!!

ロードテストも良好!!


最後にバックカメラ取付!!
イメージ 9
もともとナビ、TV付の車なのでカメラ取付のみな感じ・・・

イメージ 10
綺麗に取り回し・・・さくっと取り付け完了!!

映りも綺麗!!!


今回はまとめてのご依頼なのでだいぶお得に整備できたと思います。

ここまでやったので、まだまだ乗り換えはもったいなくなってしまいましたね


引き続きサポートさせていただきます。


by Ken

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/link/?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

インフルエンザが流行っています。

業務で役所などに出向くと、咳をコンコンしている人を多く見かけます。

イメージ 3

菌を巧みにかわしているのか、まだ私は大丈夫みたいですが、

我が家の子達の学校もクラスの大半が休んでいて、

学級閉鎖になっていると・・・。

うがい手洗いをしっかりして流行りに乗らないように気を付けましょう。




H29年2月より、

車両のメーターに警告灯が点灯しっぱなしだと、

車検の合否の前に、車検検査が受けられなくなるそうです。

今までは陸運局での警告灯は点灯確認のみでしたが、

これからは正常か(ちゃんと消えるか)まで見るようです。

また、車内に荷物満載の状態も☓らしいので、

出来るだけご協力をお願いします。


イメージ 1



「メーターの警告灯が点灯しっぱなしだけど、問題なく走れるし・・・」

「警告灯が光っているけど治すの高そうだし・・・」

イメージ 2

車両には様々なセンサーが装備され、異常を検知します。

何も問題が無いのに、過敏に働く時もあり、

また一瞬の異常や誤作動もしっかり検知してくれるため、

一度や二度は警告灯がついた経験のある方も多いと思います。


点検、車検時には専用のテスターを使い、

お車のセクションごとの状態もチェックします。

異常があった場合は詳しく状態をお伝えし、必要に応じて整備をいたします。

ご予約いただければ各メーカー車両チェックいたしますので、

お気軽にご相談下さい。


メーター内の警告灯が点きっぱなしの方は出来るだけ早めに点検して、

車検時に余分な時間をかけなくて済むように準備しましょう。


また、車両のお預かり時には貴重品はもちろんですが、

お仕事で使う荷物等も出来るだけ無い状態でお預かり出来ると助かります。

ご協力をお願い致します。


by masa


~輸入車スタッドレスレンタルはじめました~

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

アルファロメオ159 2.0JTS マニュアル、左ハンドル
イメージ 1
なかなかアルファロメオのなかでも左ハンドルのマニュアルは珍しいお車です。

今回の入庫はエンジン警告灯点灯です。
イメージ 4
エンジン不調は感じないとの事。

エンジン警告灯は2ヶ月に1回くらい点灯し、その都度ディーラーさんで消去だけを

行っていたそうです。

完治するには長期お預かりといくら費用が掛かるかわからないと言われたそうで、

当社のブログを見ていただき入庫していただきました。

「ブログを見て」の入庫はうれしい限りですし、

そういうこと言われると・・・燃えます!!

早速、故障メモリーを見ると
イメージ 2
時々故障・・・確かに!!

時々と言ってるだけあって現在はなし。2ヶ月に1回の頻度ですから・・・

考えられるところも正常でした。

ディーラーさんが長期お預かり必要なのもわかります・・・

しかし、長期お預けできないお客様の為に何とか原因だけでもはっきりしたいので

問診により警告灯が点灯するタイミングを聞きなんとなく見えてきました。

いろいろ絞り方はあると思いますが、まずは警告灯が点灯する瞬間が見たいと思い、

点灯したらこーしよーあーしよーと妄想をふくらまし・・・

走って・・・止めて・・・走って・・・止めて

数日後・・・エンジン始動時「ぴっかーーーん」

すぐにテスターに接続し、チェック
イメージ 3
「時々故障」じゃなくて「断線検出」になってるーーーー!!!

今がチャンスタイム突入と思い、あれこれ試し、
イメージ 5
結果はインテークバリエーターのソレノイドバルブ!!
イメージ 6
抵抗測定   1.697メガオーム・・・ほぼ断線の数値。

現行犯逮捕!!!

1時間後、再度測定すると15オーム(正常)になり故障コードも「時々」に戻ってい

ました。

後日、新品パーツと交換し、測定!!
イメージ 8
イメージ 7
11.2オームこれが正常値のようです。

時々故障ってむずかしい・・・けど粘った甲斐がありました。

お客様にも喜んでいただけたと思います。

また、よろしくお願いします。

by Ken



~輸入車スタッドレスレンタルはじめました~

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

今日は、まだ紹介できていない修理事例もあったのですが、

おすすめしたいツールがありまして・・・
イメージ 1
こちらです。「ボッシュ電動ドライバー」

あれこれいろんなメーカーのものを使いましたが結局これに落ち着き、

先日、1台目がついにご臨終になり、どうしてもこれが気に入っていて

もう2台目になります。

まず、どこに使うの?って話ですが・・・
イメージ 2
代表的な所はアンダーカバーです!

近年の車は国産、輸入車問わず下回りはこのようにアンダーカバー

で覆われています。そして、黄色○はビスの数です。

何をやるにもこのカバーをはずさないと作業ができません。

一日に数台下回りを見積もりであったり、作業であったりでアンダーカバー

をはずしますので重宝します。
イメージ 3
なぜこの機種をお勧めするかというと・・・

①トルク制御付で設定しておけば締めすぎ(オーバートルク)はありません。
イメージ 4
②LEDライト付。室内の整備でもかなり使っています。
イメージ 5
③バッテリー充電式、予備パックあり。通常2個のバッテリーパックですが

私は2台目なので4つもあります。・・・必要ありませんが・・・
イメージ 6
④ワンタッチ付け替え可能、先のアダプターを変えれば、ソケット、ビット

エクステンション何でも使えます。
イメージ 7
⑤ハンディーサイズ、コードレス、ワンタッチ締める、緩めるスイッチ!!



これに出会うまでは、エアラチェット等を使用していましたが、エアホース

のとり回しが絡まったり、他でエアーを使用中でエアが溜まるまで

つかえなかったりと・・・何かと苦労していました。

これに出会ってからは少なくともあの数のビスを手回しで外すより

数段時間の短縮になっております。


ちなみに今現在、この機種はモデルチェンジして先のアダプター付け替えが

キーレスチャックになっておりますが私は先代の方が使いやすいです。





当社はボッシュの回し者ではありませんし、当社に連絡をしても購入できませんので

あしからず・・・

と興味のない人にはどーでもいいブログでした。


by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

前回に続き、お盆休み前のトラブル アルファロメオ編になります。

アルファロメオ156エンスト&エンジンかからず
イメージ 1
エンジン掛からずといっても常に掛からないわけではなく、温まると掛からずです。

エンジンが冷えれば何回やっても正常なんです。

温まるとストンストン止まります。
イメージ 2
故障コードは「時々故障が発生・・・」たしかに・・・間違いではない。

156だけでなく他の車種でも似たような症状でよく交換します。

イメージ 3
「クランクセンサー!!」

エンジンの回転信号を時々拾えず、制御ができなくなってしまったようです。

着いている場所は・・・
イメージ 4
見えまへん。下から見ると・・・
イメージ 5
ということで上から下から何とか交換します。
イメージ 6
新旧パーツ!!今回は正規ディーラーパーツ取り寄せました。

交換後完治!!!



続いて色は一緒だけど別の車アルファロメオ159ワゴン
イメージ 7
エンジンより煙が上がったとのことでオーバーヒートを予測していましたが、

パワステオイル漏れ
イメージ 8
エンジンの脇を通っているところからの漏れで

排気装置に少しかかってしまったのでしょう。
イメージ 9
新旧パーツ!!

パワステオイルほぼ空の状態で、ポンプうなっていたので心配でしたが

規定量オイル入れ完治です。

イメージ 10
それよりこんな形のパイプ脱着が知恵の輪状態でした。

写真じゃ、取付の大変さ伝わらないんだろ~な~

まっ、どちらの車両も最低限のパーツで済んでよかったです。



さて、お盆中に待ってたパーツが届いたので、とりかかりまーーす。


by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

このページのトップヘ