府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

2016年10月

ミニクロスオーバー SD 

イメージ 1

背も高く室内も広々で3ドアミニと比較すると随分大きいですが、

クリーンディーゼルエンジンを搭載し、

快適性、安全性能が増した5人乗りミニクロスオーバー。

特徴的なカラーがとてもお洒落な特別仕様車「パークレーン」

ロンドンのハイドパークに面した通りの名前が由来だそうです。

イメージ 5

専用ボディカラー「アールグレー」に

オークレッドのルーフ&ラインが特徴のモダンなお車。




新車からお乗りになって約1年。2千キロをちょっと越した所でしょうか。

「外装も大きさもとても気に入っているんだ。

けど・・・布の感触と色がね~インテリアが寂しい。」

イメージ 2

そんなお声を聞き、

「せかっくなので唯一無二のインテリアに!」

とおせっかいなご提案を・・・。


色やデザインを自分好みにチョイス出来、

汚れのケアも楽で座り心地抜群、

ミニ専用設計で定評の高い「CABANA」シートはいかがでしょう。

イメージ 4

オーナー様と色見本や施工事例をみながらあーだこーだと話し合い、

絶対入れたい色と形状を決め、唯一無二のシートをオーダーいたしました。

イメージ 3


ピッタリフィットのオリジナリティ高い1台。

サイドの張り出しやベルトバックル回りまで純正っぽく仕上がっており、

背面まで色が綺麗に入ります。


ドアを開けた瞬間から明るい車内で、乗る楽しみが増えたね。

と気に入っていただけました。

「街へのクルージングも郊外へ抜け出す時も最上の乗り心地」


愛車との楽しい時間をお過ごし下さい。

有難うございました。

by masa


自動車シートカバー「CABANA(カバナ)」


パークレーンのサイト




↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11






今日は、まだ紹介できていない修理事例もあったのですが、

おすすめしたいツールがありまして・・・
イメージ 1
こちらです。「ボッシュ電動ドライバー」

あれこれいろんなメーカーのものを使いましたが結局これに落ち着き、

先日、1台目がついにご臨終になり、どうしてもこれが気に入っていて

もう2台目になります。

まず、どこに使うの?って話ですが・・・
イメージ 2
代表的な所はアンダーカバーです!

近年の車は国産、輸入車問わず下回りはこのようにアンダーカバー

で覆われています。そして、黄色○はビスの数です。

何をやるにもこのカバーをはずさないと作業ができません。

一日に数台下回りを見積もりであったり、作業であったりでアンダーカバー

をはずしますので重宝します。
イメージ 3
なぜこの機種をお勧めするかというと・・・

①トルク制御付で設定しておけば締めすぎ(オーバートルク)はありません。
イメージ 4
②LEDライト付。室内の整備でもかなり使っています。
イメージ 5
③バッテリー充電式、予備パックあり。通常2個のバッテリーパックですが

私は2台目なので4つもあります。・・・必要ありませんが・・・
イメージ 6
④ワンタッチ付け替え可能、先のアダプターを変えれば、ソケット、ビット

エクステンション何でも使えます。
イメージ 7
⑤ハンディーサイズ、コードレス、ワンタッチ締める、緩めるスイッチ!!



これに出会うまでは、エアラチェット等を使用していましたが、エアホース

のとり回しが絡まったり、他でエアーを使用中でエアが溜まるまで

つかえなかったりと・・・何かと苦労していました。

これに出会ってからは少なくともあの数のビスを手回しで外すより

数段時間の短縮になっております。


ちなみに今現在、この機種はモデルチェンジして先のアダプター付け替えが

キーレスチャックになっておりますが私は先代の方が使いやすいです。





当社はボッシュの回し者ではありませんし、当社に連絡をしても購入できませんので

あしからず・・・

と興味のない人にはどーでもいいブログでした。


by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

夏に新車で届いたお車がもう5千キロを迎えそうだという事で、

初回のオイル交換をしました。

イメージ 1


「クライスラー・ジープ レネゲード/2016y」

イメージ 3

スモールSUVのカテゴリーに入るレネゲードは、

伝統のジープスタイルを受け継ぎながら、

都市にも適したボディサイズになっています。

イメージ 2


クライスラーのショールームに並ぶと小ぶりのイメージですが、

間近で見ると横幅180cmで室内広々のしっかりしたボディ。

ターボ付き1.4Lエンジン搭載のリミテッドは、

装備も充実で走りも軽快!本格派ジープそのものです。


メーカーサイト

「日常に新しい風景を」

可愛さとカッコいいを兼ね揃えたお洒落なお車です


Jeepの整備も車屋ゼロへお任せ下さい。

by masa


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11







多くなりましたね~ディーゼル車!!

各社のクリーンディーゼル普及とよりディーゼルとマッチするSUV人気

のおかげで当社にもディーゼル車の整備が多くなってきています。

ガソリン車からディーゼルに乗り換えた方は皆さん口をそろえて

「ディーゼルいいんだよ~ちょっとうるさいけど・・・」と聞きます。

たしかに静かな閑静な住宅街では音が気になるかも?と思いますが走りは

ゼロ発進からのトルク感、高速域はターボで補い、

重量のある4WD、SUVにはぴったりです。

イメージ 1
そんなW164 M ベンツ ML350ブルーテック 4マチック車検整備です。



イメージ 2
エンジンルームぎっしりですが、下回り、足回りと隅々まで点検し、



イメージ 3
コンピューター診断も異常なし!!

[AUTEL Maxisys pro]


イメージ 4
特別不具合はないので消耗品の交換だけになりました。

イメージ 7

イメージ 5
ディーゼル用エンジンオイルはMobilをチョイス

オイル交換後はテスターにてメンテナンス時期リセット!!



イメージ 6
無事車検も1発クリアで終了~~~~!!

たまには普通の車検整備もUPしてみました。の巻・・・





マニアックな独り言ですが、最近はベンツなのに

ベンツ専用テスター「Xentry」より

汎用テスター「AUTEL」の方ばかり使ってしまう。

見やすいし使いやすいし早い・・・気がする。

by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

雨が多い今年、雨漏れ修理が確実に多いです。

またまた、雨漏れによる修理事例ですが、わかりづらかった修理事例、

お付き合いください・・・


VWゴルフⅤ GTI
イメージ 1
普通の雨では濡れてないが、豪雨の後だけ少し床が濡れているとの事。

運転席が濡れるとの事なので、念入りにシャワーテスト・・・
イメージ 2
1時間程放置プレーでカーペットの下がすこーし濡れている程度・・・

覚悟を決めカーペット半はがし!
イメージ 3
再びシャワーテストすると確実に水は入ってきているのに

漏れ箇所がわかりづらい・・・

イメージ 4
黄色矢印から若干じわ~っと水が染み出てくるくらい。

ボディのプレスが溶接されている所から水が出てきているが、中が見えない・・

ドア周り等は問題なし!

と、散々調べ上げた結果、漏れていた箇所はここ!!
イメージ 5
フロントガラスのシール劣化により隙間ができ水混入した様子。

イメージ 6
どのような経路で床まで到達するかを調べる為に色つき水で確認!!
イメージ 7
イメージ 8
いたいたっ!!

ここからの水は直接床には垂れず、戸袋になっているプレスのところに一定以上たま

ると垂れちゃうという事例です。

ガラス屋さんにビッチリ、シーリングしていただき完治いたしました。

終わってみれば、ガラスシールの劣化とよくある事例ですが、

水の出所がわかりづらく勉強になりました。

てれれれ、てってって~ん♪レベルUP♪




by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

このページのトップヘ