府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

2016年07月

Mベンツ 190SL(R121)

イメージ 1


車検整備のご依頼。


直列4気筒1.9LエンジンにWEBER社製のキャブの組み合わせ。

エアコンやパワステ、パワーウィンドもありません。

ブレーキは前後ドラムブレーキ。

それでも50年以上前に製造されたお車とは思えない程の快調な走り。

独特の美しいフォムに目を奪われます。


基本的な部位の調整を施し、

イメージ 2


燃料ホースの劣化を整備。


走行時に車体の動きに合わせて「ギシギシ」と、

かすかに音が出はじめている部分が気になったので、

オイル交換ついでにサスペンションの点検です。

イメージ 3

当時のサスペンションは現代の車と少し違い、

特に上下運動を要す部位はゴムブッシュ等ではなく、

接合部位が鉄同士こすれ合わさる構造な為、

定期的なグリス注入が欠かせません。

油脂関係をリフレッシュし、ポイントへグリスアップ。

走行時のきしみ音も無くなり、軽快なドライビングが復活です。


数あるメルセデスのモデルの中で最も歴史の長いモデルが、

軽量スポーツカー「SL」

まだまだこの先、何十年と歴史を刻んでいただける事でしょう。



by masa


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11







「暑いっ!!」

もう言葉にも発したくないもないですが、つい出てしまいます。

今日は最高気温36.7度を観測し、今年一番の暑さということで、工場では扇風機の取

り合いです。



さて、今日はVWパサートヴァリアント(B6)クーラントレベル点灯の修理が終わ

りましたのでアップします。
イメージ 3
イメージ 4
預かったときには消えていましたが、エンジンを冷ますと点灯します。

クーラント漏れのチェックのためにリフトアップすると・・・
イメージ 5
やはりエンジン~A/Tの間に漏れの痕跡あり!!

圧力をかけ、漏れ跡の上を追っかけると・・・
イメージ 6
はい、発見!!!

ウォーターポンプより漏れ確定なのですが交換するのがちょいとやっかいな所につい

ています。インマニの下についているのでインマニを外せば楽なのですが、交換部品

を増やさない為に外さないで上から下から交換しました。
イメージ 7
この当時のVW、アウディの共通の構造ですが、ウォーターポンプがエンジンの後ろ

側(ミッション側)にもう1本別のベルトにて駆動しています。
イメージ 8



ちなみにこちらの小さいベルトを交換の際は・・・



イメージ 9
このボルトを外すのですが・・・逆ねじです。

知らないと・・・折ります・・・大惨事になるでしょう・・・要注意!!
イメージ 10
外したウォーターポンプ!!!(赤丸、矢印は漏れ跡)

イメージ 11
新旧パーツ(対策品に変更しています。)


イメージ 12
ベルトも新品にして、エア抜き後漏れチェックOK。




今年の夏はかなりの猛暑と予想されています。
イメージ 1
これは、中国の画像ですがあまりの暑さにトランクで調理したそうです。

トランクほこりかぶっているようにも見えますが・・・食べたのでしょうか・・
イメージ 2

こんな光景日本でも見かけるかも・・・信じるか信じないかはあなた次第です(笑)


by Ken


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11

このページのトップヘ