府中/車屋のブログ

府中/新府中街道(東八道路)沿に31年、主に輸入車を中心に自動車販売、整備を行っております。認証工場併設、専用コンピューター診断テスター完備。 ベビーザラス向かいの黄色い建物の裏に展示場有。是非お立ち寄り下さい! 最新の情報はホームページ↓ http://www.kurumaya-zero.com

スタッドレスレンタルについて、

多くのお問い合わせありがとうございます。

年末、年始のご予約は終了いたしました。

1月中旬以降の受付は1/6より順次行う予定です。

引き続きよろしくお願いいたします。


イメージ 1


早いものでもう2018年も終わろうとしています。

当社の業務も全て完成目途がつき、無事終えられそうです。



イメージ 2

今年も沢山のご来店、お問い合わせ有難うございました。


平成元年よりスタートした車屋ゼロは、

多くのお客様と同業者様のサポートのおかげで、


イメージ 3


沢山の経験と喜びを重ねることが出来ました。

平成ももう終わり、新たな年号へ向かう今、



イメージ 4

私たち車屋ゼロも新たな気持ちで新たなニーズに対応出来るよう、

少しでも長く安心して車を乗っていただける様、


イメージ 5


イメージ 6

これからも勉強を重ねながら「ありがとう」を沢山いただける様、

お車のサポートをしていきます。

イメージ 7



「気やすく、来やすい」車屋ゼロを、

2019年もどうぞよろしくお願いいたします。

スタッフ一同

2019年は1月5日より営業いたします。



↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@

9月ももう間もなく終わりますが、

だいぶ涼しくなってきたので動きやすくはなりましたが

雨ばっかりでそれはそれで・・・とつい言いたくなります。

又、今年は大型台風も多く、今日も日本列島をなめまわすように通過する予報なので

朝のうちに用心しておきます。


さて、今回は水漏れによりレッカー入庫のBMWE39、525i
イメージ 1

3世代前のモデルなのであまり公道で見かけなくなりましたが、

当社には根強いE39ファンが多数おり、月数台のペースで入庫します。

こちらのお車は3世代前と言っても距離は5万km代のお車。

この際今まで見送っていた作業もあわせて作業してほしいとの事。

まず、エンジンルームから煙吹いたとの事なので、覗いてみると・・・

イメージ 2

イメージ 3

この感じは相当煙が上がったでしょう・・・漏れ箇所は・・・

サブタンク エア抜きホース接続部が折れ!!
イメージ 4

他の場所は以前に交換しているので最低限で大丈夫そうです。

ついでに直しては・・・んん?
イメージ 5

これエンジン始動後の状況ですが3つの故障が重なってます。

①チェックパークライト!!②エンジン警告灯③ASC警告灯

どれも故障したままだと現在は車検も取得できません。

今回は車検の時期ではないですけどこのままでは安心して乗れないのでしっかり

治しましょう!!

①はスモール球玉切れなので瞬殺終了!!
イメージ 6

テスターで診断!!②は点火装置イグニッションコイルの不良!
イメージ 7


現在はNO.2だけの様ですが、

履歴を見るとNO.1~NO.4まで不発していたようなので

こちらは全数交換をお勧めします!!
イメージ 8


③は故障コードからいくと左フロントABSセンサーですが・・・

現在ありの症状なのでしっかりチェックします!!
イメージ 9
左右同じパーツなのでABSセンサーを入替テスターで確認したところ・・・

センサーが故障であれば故障コードも入れ替わるはず!!

・・・が左前の故障のままなので、
イメージ 10
配線異常ない事を確認し、ASCハイドロポンプユニット確定!!

BMWに限らずよくある故障ですが、当社では経験と知識で最低限の修理で費用を抑

える提案をいたします。
イメージ 11

ユニットとポンプを切り離し、ユニット内部の基盤を現物修理!!

新品ASSY交換と比べると相当な金額が抑えられますよーー!!

イメージ 12

あとは新品部品に交換し、全て完治しております。

以上!!!

「車屋ゼロは大事にまだまだ乗り続けたいお客様の味方です。」




おっ、外の風が強くなってきた!!台風くるぞ~~~~!

by Ken

↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@

熱戦を繰り広げた高校野球も終わり、

子供たちの宿題事情もざわついてきました。

残暑お見舞い申し上げます。

イメージ 3


私共の夏も非常に熱く、こ忙しく走り回っています。

特に今年の熱さはハンパなく、

エアコン不具合やタイヤバーストなどの熱さゆえのトラブル事例も多かったです。



こちらの整備は熱とは関係ないですが、始動時ハンパない異音の点検。

MベンツC200/W204(1.8Lターボエンジン)

イメージ 4

冷間時エンジン始動時にギューイン!と激しい音が出て、

数秒後にはおとなしくなる音の原因診断。

入庫時はしっかり温まっていた為、症状確認できず、

時間を置いて冷ましてから始動すると、




確かに激しい音が出ています。発生場所はインマニ下あたりの様です。

すぐ音が止まってしまうので時間が勝負。

リフトアップしエアーポンプに目星をつけますが、

エンジン本体の音が特定作業を邪魔するので、エアポンプを外し単体の点検。

イメージ 1

水が混入した跡があり錆がひどく、軸にガタも出ています。

エアーポンプは始動時等に排気ガス濃度を薄める役割を担っています。

で、エアーポンプに直接作動指示を出すと、

                    *危険なので真似をしないで下さい


通電直後のみ異音が発生。

数秒で音は消え、何度もやっているとしばらくは出なくなり、

オーナー様の体感した異音と一致します。

水分が混入したであろう個所も特定し、それぞれ修理交換整備を施します。

イメージ 2


エアーポンプ内部に関しては給油やベアリング部修理もトライはしてみたものの、

今後の事や金額、作業時間を考えると新品交換がベスト。

しかし純正部品は高額なので、BOSCH新品パーツを使い、

早く安く作業が完成しました。

ロードテストを繰り返し、テスターにて故障コードがないか確認。

始動時以外でも異音が出ないことが確認できたので出庫となりました。

特定の条件(冷間時のみ等)のみ症状が現れる場合や、

時々症状が出る場合は、確認/特定するまでに数日間時間を要する事があります。

「待ってる間にちょっと見て!」で確認できればベストですが、

なかなかそうは行きません。

今回のご依頼も数日お預することとなりましたが、

お伝えいただいた症状が正確に確認出来たので早く出庫にいたりました。

始動も静かに出発進行!いつもありがとうございます。


by masa


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@

6月も半ば、梅雨入りもし、ジメジメな日が続きます。

夜のスポーツニュースが楽しみなプロ野球の交流戦は来週まで。

しかし来週からはサッカーのワールドカップ!

全てライブで見たいのですが、念のためテレビ録画の空き状況を確認し、

ゆっくりテレビ観戦できるよう来週の準備を整えておきます。

これをやっておかないと来週の楽しみが半減です。



小金井市よりEクラス(W211)の法定12ヵ月点検。

「もう少しで10万キロを超すので、総合的に点検を」との事で、

まずは専用テスターにて診断。

イメージ 1

リフトアップし、アンダーカバーを外して下から上から各部点検。

ロアアームブッシュのヒビが気になりますが距離の割にはガタは少なく、

イメージ 2

次回点検時に再度経過を見てから、となりました。

ひどいオイル漏れも無く、錆腐食も皆無。

高速走行も多いせいか、大きなダメージはありません。

水温上昇時間が少し遅く、朝一番など寒い時の

ヒーターの効きが遅いのが気になります。

診断故障コードにも該当箇所のフォルトが残っていたので、

気になる弁の動きを見るため、サーモスタットをポンッと外すと・・・

イメージ 3

弁がパクッと開きっぱなし!軸の引きずり跡もひどい!!

これじゃヒーターの効きも遅いわけです。

距離と年数から弁の動きはスムーズに越したことはないので、

新品サーモスタットへ交換し冷却水を入替ます。

その他、摩耗しているエンジンオイル、

イメージ 4

ブレーキディスク&パットなどをリフレッシュ。

各部リセット、走行テストを終え完成。

状態を把握できたので次回点検時の距離を照らし合わせながら、

必要な部位だけ整備し、長く安心してリーズナブルに乗っていただけるよう、

ご提案をいたします。またお気軽にご相談下さい。

ありがとうございました。

by masa


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@

多摩市より車検整備でご依頼のボルボ V50-2.0(2012y/B4204S)

長距離移動の多い環境のオーナー様なので、

距離に応じた気になる部位もあわせてチェックします。

コンピューター診断、足回り、マフラー等については正常。

イメージ 2

冷却水が微量ながら減っているのが気になる所・・・見過ごせません。

リザーブタンクのヒビ、ホースの劣化も無し!

下回りのわずかな痕跡を元にウォーターポンプ付近に狙いを定め、

イメージ 3


繰り返しテスト。ウォーターポンプ軸より冷却水漏を発見!

ボルボのこのエンジンはタイミングチェーン式の為タフで安心。

イメージ 1


しかし補器部品は年数、距離に応じて疲労が来るので定期整備が必要です。

こちらの車両は走行約8万キロ。次回2年後の車検時は10万キロを超えるのは確実。

先を見据えての作業を出来る時に同時に行います。


ウォーターポンプ交換作業で同時に外すベルト&テンショナーは、

ベルト滑り軽減が施された対策部品へ。

イメージ 4

ベルトテンショナー下に隠れたサーモスタットも予防整備で新しい物へ。

同時に作業すると時間も工賃もお得です。


同じくオイル交換と並行して、にじみのあったパッキン類の交換、

イメージ 5

汚れで詰まっていたエアコンフィルターなどをリフレッシュ。

各部調整を施し車検取得後、整備完成です。

長距離移動でもフルにご活用ください。

いつもご利用いただき有難うございます。



by masa


 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@



このページのトップヘ